ホテル開業ラッシュに沸く京都 最新トレンドは「脱・京都」

ホテル開業ラッシュに沸く京都 最新トレンドは「脱・京都」

スタイリッシュなホテル「ENSO ANGO」のBAR

 2018年、ホテルの開業ラッシュに沸いた京都──。今年も増え続ける外国人観光客をはじめ、古都の街並みや伝統文化などの魅力を最大限アピールしていきたい構えだが、意外なことに最新ホテルでは「脱・京都」を打ち出す施設も出始めたという。一体どういうことなのか。ホテル評論家の瀧澤信秋氏がレポートする。

 * * *
 京都観光の活況は相変わらずだ。市街地で目立つのがバス停の行列。スーツケースを携行する人も多い。京都市街の移動には地下鉄なども便利だが、駅から離れた人気スポットへはやはりバスの利用が定番。観光客の多さに加え、スーツケースをバス車内へ持ち込むとなれば混雑の酷さは想像に難くない。市民の足としてのバスが機能不全に陥っていることもニュースになった。

 一方で、ホテルをみると「状況は少々落ち着いてきた」と語るのは某ホテル担当者。ホテルが増えすぎたというのだ。

 京都観光の活況は訪日外国人旅行者の激増も後押ししているが、ホテルのインバウンド需要の高まりが大きなニュースとなったのは3年ほど前だろうか。ホテルプロジェクトには2~3年要することを考えると、開業相次ぐいまの状況は3年前を反映しているとも捉えることができる。詳細なデータは割愛するが、さらに今年にかけても開業予定のホテルは多い。

 フルサービスタイプの高級ホテルからリミテッドタイプのビジネスホテルに至るまで、京都のホテルでみられる傾向は“京都フィーチャー”だ。京都の伝統文化を随所に散りばめたホテルコンセプトはいまやスタンダードともいえる。高級ホテルと京都の雅はイメージしやすいが、ご当地でも競争が激化しているビジネスホテルでも京都フィーチャーは差別化戦略の要のようだ。最近開業したホテルを例にみてみよう。

 2018 年12 月1日に開業した「ホテル京阪 京都八条口」は、新幹線の利用にも便利な京都駅八条口から徒歩5分の立地。観光目的のファミリーからビジネス利用など幅広い用途で利用できる「ちょうどいいホテル」をコンセプトにする。客室にはモダンなデザインの茶器が用意されお茶を嗜みつつ京気分を満喫できる。服部の湯豆腐や錦市場の打田漬物など、京都を代表する食材を朝食ブッフェで楽しめる。

 朝食といえば特徴的なのが「ザ エディスターホテル京都二条」。2018年10月1日に開業したホテルで二条城前駅より徒歩3分と好立地。京都を感じさせる和の温かみを演出しつつ、大人のスタイリッシュ空間というワードが似合うホテルだ。

 通常、ブッフェまたは定食というケースがほとんどのビジネスホテル朝食であるが、こちらはなんとお弁当。京のおばんざい&炊き込みご飯が詰まった弁当箱は客室へ持って行くことも可能。味噌汁もテイクアウトできる。

 構造が画一的なカプセルホテルの場合、京都フィーチャーはビジネスホテルほどではなさそうだ。2018年4月18日に開業した「豪華カプセルホテル安心お宿プレミア京都四条烏丸店」は、東京で人気を博した施設が京都へ進出したブランド。そもそもバリのリゾートがイメージのブランドだけに“京の雅”との親和性は高くない。

 それでも京都茶での出迎えをはじめ、老舗京料理店とのコラボで「京会席料理付き宿泊プラン」など提供しており、カプセルホテルとしては大胆なプランといえる。他方、人気観光都市とあってか“親子宿泊プラン”を提供。男女別のセキュリティが基本のカプセルホテルにあって家族で利用できるカプセルベッドエリアとは異色。無料の朝食は「野菜ごろごろ朝カレー&焼きたてパン」で京朝食とは無縁だ。

 そもそも周囲エリアそのものが「ザ・京都」なので、“宿泊にまで京都をフィーチーしなくても良いのでは?”という「脱・京都」の傾向も見られはじめた。

 たとえば2018年10月15日に開業した「ENSO ANGO(エンソウアンゴ)」は、“街に泊まるように宿泊する”という日本初の分散型ホテル。京都の四条通と五条通エリアという、京都の中心部に立地する全5棟からなるホテルだ。各棟は徒歩圏内にあり、京の街を存分に愉しみつつシンプルな客室でくつろぐことができる。

 5棟とはいえ1つのホテル。チェックインはクラウドを活用しているため各棟間の連携が可能であり、ラウンジ等の施設も相互利用できる等、宿泊主体型のスマートホテルとしても機能性が高い。各棟客室タイプや料金設定も異なるが、ひとりあたり1万円以下で利用できるケースもあり使い勝手もよさそうだ。

 5棟はそれぞれ個性的。中には京町家をイメージする施設もあるが、異なるクリエイターが創り出したアート感溢れるホテルは、雅の精神を尊重しつつも華やかさとは無縁の空間だ。

 ホテル開業が続く京都。相変わらず京都にフィーチャーするホテルも続々誕生する中で、脱・京都は新たな差別化戦略としてどこまで価値を高めていくのか。注視していきたい。

■写真提供/瀧澤信秋

関連記事(外部サイト)