老後資金の不安が出てくる50代…どんな投資をすればいい?

老後資金の不安が出てくる50代…どんな投資をすればいい?

年収も上がり、子どもが自立をしていく50代は、お金にも余裕が出てくるのではないでしょうか。でも今度は老後資金や親の介護など、違う不安を抱える時期でもあります。そんな50代は投資にどう向き合えばいいのでしょう。

年収も上がり子どもが自立をしていくタイミングの50代は、お金にも余裕が出てくるのではないでしょうか。でも今度は老後資金や親の介護など、違う不安を抱える時期でもあります。そんな50代は投資にどう向き合えばいいのでしょう。セゾン投信の中野晴啓会長に話を伺います。

質問はこちら。

Q:50代、ちょっと余裕が出てきました。でも老後資金も心配です。投資は何をすればいいですか?


■年収は増えるけれど不安材料も増える50代
中野さん:国税庁の「令和元年分 民間給与実態統計調査結果」によると、50代の平均年収は50〜54歳で525万円、55〜59歳で518万円です。子どもがいればそろそろ自立をする時期なので、子どもへのお金もかからなくなってくるのではないでしょうか。

ちょっと余裕が出てきたなと思うかもしれませんが、一方では不安要素も増えてきます。例えば親の介護の問題、そして自分の老後資金です。

2019年に「老後資金2000万円問題」が話題になりました。金融庁の「高齢社会における資産形成・管理」に、年金をもらっていたとしても老後資金は2000万円不足するという内容があったのです。

総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)−2019年(令和元年)平均結果−」によると、世帯主が60歳以上で2人以上の世帯の場合、2000万円以上の貯蓄があるのは39.5%となっています。ということは6割は2000万円には足りていないということですよね。


■毎月5万円は投資にまわしたい
中野さん:実際にいくら不足するのか、あるいは不足しないのかは人それぞれの生活パターンなどによっても違います。ただ「足りないぞ」という気持ちを持って、優先的に投資をしていく必要はあります。将来はどうにかなると甘く見ないで、50代は老後のお金をどうやって作っていくのかを真剣に考えなければならないと思いますね。

幸い50代は、まだまだ仕事ができますし、その経験や知識から会社からも必要とされます。年収が上がってくるので、これから老後資金2000万円を目指すなら、最低でも月5万円はつみたて投資をしていきましょう。

「つみたてNISA」の非課税枠は最長20年で年間40万円、月にすると3万3000円です。この分はしっかりと使って、それ以外は課税口座(特定口座)を活用しましょう。課税口座は税金がかかりますが、それは分配金や譲渡益に対してです。利益が出ていれば、税金を引かれたとしてもマイナスにはなりません。


■時間がないと思って焦ってしまうかもしれない
中野さん:50代になると、老後まで時間がなくなってきたと思うこともあるかもしれません。そうなると焦って年率の期待リターンが20%を超えるようなファンドに投資をしたくなりますよね。でも瞬間的に20%を超えることはあっても、長期的に見ればその数字は維持されないと思います。

なぜなら、期待リターンは投資対象資産の成長期待に基づいているからです。そう考えると4〜7%くらいのほうが妥当だし、合理的と言ってもいいですよね。50代だからといって焦ることなく、投資先をしっかりと選定しながらお金を使っていきましょう。

教えてくれたのは……セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO 中野 晴啓(なかの はるひろ)

1987年クレディセゾン入社。セゾングループの金融子会社にて資産運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金運用のほか、海外契約資産などの運用アドバイスを手がける。その後、クレディセゾンインベストメント事業部長を経て、2006年セゾン投信株式会社を設立。2020年6月より現職。

文:川崎 さちえ(マネーガイド)
(文:川崎 さちえ(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)