金持ち体質は「捨てるときの値段」を考える

金持ち体質は「捨てるときの値段」を考える

もし耐久消費財を買うときは、購入時の値段だけでなく、ランニングコストまで踏まえて買い物をしましょう。さらに、最終的にそれを捨てるまでにかかる値段も考えるべきです。


■買うときに考えておきたい「維持費と捨てるときの値段」
耐久消費財を買うときは、購入時の値段だけでなく、ランニングコストまで踏まえ、最終的にそれを捨てるまでにかかる値段を考えてみましょう。いくら安くても、維持費が多くかかったり、捨てるときにお金がかかるものは結局ソンになることがあります。

たとえばプリンターは、プリンター本体だけでなく、トナーカートリッジも必要です。だから、本体価格を低く抑えて買ってもらい、トナーで儲ける、という考えのメーカーもあります。この場合、安い買い物をした、と思っていても、トータルでは高コストになっていた、ということが起こります。

全自動洗濯乾燥機も、水代や電気代、洗剤代などがかかります。自動車も、ガソリン代、自動車税、保険、車検代がかかります。そう考えたとき、必ずしも安い商品を買うのがよいとは限らない、ということがわかります。むしろ、高い商品のほうが、長い目で見たら安い、ということもあるわけです。

あるいはリセールバリューを考えてみます。自動車やパソコンなど、中古市場が整備されている分野では、買って使って売るまでのライフタイム全体で考えてみましょう。すると、買うときの値段が高くても、下取り価格も高くて助かった、という場合もあります。逆に、マニアックな機種を買ったばかりに、あるいは売れすぎた商品で市場に溢れてしまったために、安く買い叩かれる、ということも起こりえます。

もちろん、まだ起こっていないことですから、あまり厳密に考える必要はありませんが、ライフタイムコストをざっと計算してみると、自分はトクしそうなのか、損しそうなのか、冷静に商品を選べるようになります。
(文:午堂 登紀雄)

関連記事(外部サイト)