お金を増やす秘訣は「資産家のようにふるまう」

お金を増やす秘訣は「資産家のようにふるまう」

お金持ちになりたい人は、いつもお金が欲しいなあと思っているかもしれません。しかし、そこから起きる行動には「わびしさ感」が付きまといませんか?私なら、資産家のようにふるまうことをおススメします。なぜなら、脳の機能とお金の法則があなたを豊かにしてくれるからです


■お金持ちになりたかったら、行動を変える
資産家になるために一番大事なことは資産家のようにふるまうことです。お金持ちになりたかったら、あたかもお金持ちのようにふるまうことをおススメします。


■資産家はどうふるまうだろうか?
資産家のようにふるまうとしたら、あなたはどんな行動を取るでしょうか? 高級外車を乗り回す、三ツ星レストランの常連になる、流行の先端をいくファッションで決めている。そんな行動を取るだろうともしあなたが想像されるなら、それは資産家に対する認識が間違っているかもしれません。資産家と成り金とは、似ても非なるもの。その実像をしっかり把握してください。

資産家は倹約家ですが、成り金は浪費家です。資産家はお金を大事に使いますが、成り金はお金を使うことに魅力を感じます。資産家はお金を人のために使おうとしますが、成り金は自分ばかり考えます。資産家は結果としてお金を手に入れましたが、成り金はお金が目的でした。

どうでしょう。資産家のお金に対する考え方は極めてシンプルで本質的です。成り金の考え方は、軽薄皮相でエゴイステイックです。

資産家たちは大きな家に住み、飛行機に乗るときはファーストクラスかもしれません。ぜいたくといえばぜいたくですが、生活の内実は意外に質素なものです。むしろ、質素だからこそ資産家になれたのだともいえます。あなたがどちらになりたいと考えているかが、日ごろの行動に発揮され、そしてそれが得られるべき結果に結びついています。


■考えたような人間になる
資産家のようにふるまうと、なぜ資産家になれるのでしょうか?資産家のようにふるまうメリットを確認しておきたいと思います。一つは人の脳の機能であり、もう一つはお金の法則の活用です。人の脳は巨大な能力を持つコンピューターですが、論理は実に単純明快です。お金が欲しい!と思えば、お金のない現状を追認することになり、自分の不足感を再生産します。

しかし、資産家のように自分はお金を持っていると思い込ませれば、資産家のような行動を再生するのです。なぜなら、脳には現実と空想の違いが分かりません。あなたが梅干を想像すると唾液がでるのがその証拠です。だから、望ましい理想の姿を思い浮かべておくことで、脳はそれに相応しい行動を取るようにあなたを導きます。

それは、お金が十分にある充足感であり、心の余裕であり、さらにお金を引き寄せる戦略でもあります。

お金の法則から、お金はエネルギーのあるところに集まります。お金はお金を大事にしてくれる場所に引き寄せられます。資産家のようにふるまうことで、自分がお金に恵まれるような行動を自然にとり、しごく当然にお金が集まってくると考えることができたら素敵ですね。

しかし、それが実現するには何十年という時間がかかるかもしれません。

「ローマは一日にしてならず!」

偉大なことを築くには時間がかかります。

覚悟を決めて、資産家のようなふるまいを何十年もやり抜けば、必ずあなたも資産家になれます!

要は、イメージが適切であること! そして、イメージが行動にあらわれること! しかも、忍耐強くやりぬくことです!
(文:北川 邦弘(マネーガイド))

関連記事(外部サイト)