日本銀行の黒田東彦総裁、日銀が将来赤字に陥る可能性もあり得るとの認識示す

記事まとめ

  • 日銀は物価の安定的な上昇に向け、現行の大規模金融緩和政策の維持を決めた
  • 黒田総裁は将来日銀が一時的な赤字に陥る可能性について「なり得る」との認識を示した
  • また黒田総裁は、財務悪化が政策運営に悪影響を及ぼすとの見方を否定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております