NYダウ、3日連続で最高値=ボーイングがけん引

 【ニューヨーク時事】14日のニューヨーク株式相場は、旅客機の増産計画などが伝わった米航空機大手ボーイングがけん引役となり、5営業日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前日比45.30ドル高の2万2203.48ドルと、3日連続で史上最高値を更新。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は反落し、31.11ポイント安の6429.08で引けた。
 ボーイングのミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は前日の講演で、2019年に最新鋭旅客機「787ドリームライナー」の生産を月間14機に増やすと表明。また、大統領専用機「エアフォースワン」の次期モデルの初期設計を約6億ドル(約660億円)で受注したとの報も好感された。航空機エンジンなどを手掛けるユナイテッド・テクノロジーズなども上げた。