BYDは4月の新エネ車生産が2カ月連続で10万台突破、1〜3月期の純利益が前年同期の3.4倍に

BYDは4月の新エネ車生産が2カ月連続で10万台突破、1〜3月期の純利益が前年同期の3.4倍に

中国の電気自動車(EV)大手で深セン証券取引所メインボードおよび香港証券取引所に上場しているBYD(比亜迪、002594/深セン、01211/香港)が4日、2022年4月の自動車生産・販売速報を発表した。新エネルギー車の生産、販売台数が3月に続き10万台を突破した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の電気自動車(EV)大手で深セン証券取引所メインボードおよび香港証券取引所に上場しているBYD(比亜迪、002594/深セン、01211/香港)が4日、2022年4月の自動車生産・販売速報を発表した。新エネルギー車の生産、販売台数が3月に続き10万台を突破した。
 
 4月の新エネ車生産台数は10万7478万台で前年同期比296.38%増だった。そのうち乗用車は10万6911台で、純EVが同230.90%増の5万7593台、プラグインハイブリッド車(PHV)が同443.03%増の4万9318台だった。1〜4月の累計生産台数は、新エネ車全体が同377.44%増の39万5008台、純EVが同255.38%増の20万1813台、PHVが同697.75%増の19万1036台で、前月に引き続き特にPHVの生産増が目立った。
 
 また、4月の販売台数も新エネ車全体が10万6042台、純EVが5万7403台、PHVが4万8072万台と好調で、1〜4月の累計は新エネ車全体が同387.94%増の39万2371台、純EVが同266.69%増の20万626台、PHVが同699.91%増の18万9586万台となった。なお、同社では3月に化石燃料車の生産を全て停止しており、4月も生産、販売台数はそれぞれ0となっている。
 
 2021年12月期の売上高は2161億4239万元(前期比38.02%増)、純利益は30億4518万元(同28.08%減)。また、22年1〜3月期の業績は新エネ車の生産、販売の大幅増により、売上高が668億2518万元(前年同期比63.02%増)、純利益が8億840万元(同240.59%増)と大きな増収増益となった。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)