ヘッドホンなど製造の富士高実業、23年3月期中間決算は約29%の増収で黒字転換

ヘッドホンなど製造の富士高実業、23年3月期中間決算は約29%の増収で黒字転換

ヘッドホンなどの音響機器メーカー、富士高実業(00927/香港)が12月5日、2023年3月期の中間決算を発表した。前年同期比で約29%の増収となり、損益も黒字に転換した。(イメージ写真提供:123RF)

 ヘッドホンなどの音響機器メーカー、富士高実業(00927/香港)が12月5日、2023年3月期の中間決算を発表した。前年同期比で約29%の増収となり、損益も黒字に転換した。
 
 22年4〜9月期の売上高は5億3131万香港ドルで、前年同時期の4億1223万ドルから28.89%増加した。事業別ではヘッドセット・ヘッドフォンが3億5484万ドル(前年同期比19.35%増)、関連部品が1億8998万ドル(同47.91%増)となった。
 
 ヘッドセット・ヘッドフォン製品は新型コロナの影響が続く中で、新製品の売れ行きが好調だった。また、アクティブノイズキャンセリング、ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング、完全ワイヤレスなどの先進技術の開発に取り組むとともに、コールセンターやオフィス向けの製品を新たに開発、売上増に繋がった。また、音響製品市場が低調な中で関連部品の売上は好調を維持した。
 
 4〜9月期の純損益は642万ドルの黒字で、2125万ドルの赤字だった前年同時期から黒字転換を実現した。原料コストが増加した一方でスケールメリットが高まったこと、不採算事業の停止などによる人件費コストの削減によって売上総利益率が大幅に改善したことが大きな黒字化の大きな要因となった。
 
 今後の展望について同社は、9月に発売した低遅延無線通信技術搭載の高性能ヘッドセット、コールセンターおよびオフィス向け製品による売上のほか、複数の新製品を発売する予定もあり、大きな成長が期待できるとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?