月刊『サーフィンライフ』出版社のマリン企画が破産 雑誌は再開模索

記事まとめ

  • 月刊『サーフィンライフ』などを出版するマリン企画が負債3億円で破産した
  • 同社は業歴40年を超える老舗で、マリンスポーツ関連の専門出版社として定評があった
  • 月刊誌などは現在発刊を中断しているが事業譲渡などを通じて再開を模索していくという

月刊「サーフィンライフ」など発刊 マリンスポーツの専門出版社、(株)マリン企画が破産

(株)マリン企画(TSR企業コード:291570771、法人番号:8020001083167、品川区東大井5−12−10、設立昭和46年10月、資本金9900万円、黒川治雄社長)と、関連の(株)エムピーシー(TSR企業コード:351072217、法人番号:6020001032118、同所、設立平成9年3月、資本金5000万円、同社長)は9月27日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には島田敏雄弁護士(LM法律事務所、千代田区永田町2−11−1、電話03−6206−1310)が選任された。。
 負債はマリン企画が約3億円、エムピーシーが約3億円、2社合計約6億円。

 マリン企画は業歴40年を超える老舗で、マリンスポーツ関連の雑誌、書籍の専門出版社として定評があった。月刊「サーフィンライフ」はじめ、季刊雑誌「グライド」、「ハイ・ウインド」などサーフィンやウィンドサーフィンの専門雑誌を出版、このほか、ファッションやアート関連の出版物も得意としていた。ピーク時の平成8年4月期は売上高約約29億6300万円をあげていたが、その後は編集、制作部門を別法人化したこともあり売上高は大きく減少。さらに近年はマリンスポーツ人口の減少や出版不況から刊行雑誌、書籍の売上不振に歯止めがかからず赤字も散発、27年4月期は売上高約2億1500万円に落ち込んでいた。厳しい経営が続くなか、資金繰りも悪化し8月19日に事業を停止し破産申請の準備に入っていた。
 エムピーシーはマリン企画の関連会社として設立。グループの編集、制作部門を担当し、13年4月期は売上高約16億3100万円をあげていた。しかし、以降は取扱い雑誌、書籍の販売低迷とともに売上高は減少の一途をたどり、15年4月期は売上高約3億7000万円にまで減少。マリン企画に連鎖し今回の措置となった。

 なお、「月刊誌などは現在、発刊を中断しているが、事業譲渡などを通じて再開を模索していく」としている。。

関連記事(外部サイト)