大阪で有名な激辛カレー店を展開、(株)辛口料理ハチが破産

 (株)辛口料理ハチ(TSR企業コード:576785261、法人番号:7120001174799、大阪市西区新町3−15−11、設立平成24年12月、資本金800万円、柴田一正社長)は5月16日、大阪地裁に破産を申請し5月24日、同開始決定を受けた。破産管財人には藤内健吉弁護士(心斎橋中央法律事務所、大阪市中央区南船場4−7−6、電話06−6210−2386)が選任された。
 負債総額は債権者54名に対し2億9504万円。

 平成24年4月に閉店した南森町の有名激辛カレー店「ハチ」のレシピを受け継ぎ、「辛口料理スズメバチ」の屋号でカレー店を展開していた。積極的な店舗展開で大阪市内を中心にその後、「辛口料理ミツバチ新町店」など数店舗を出店していたが、激辛ブームは長続きせず、同業他社との競合激化もあって業績は低迷。また、出店に伴う借入負担などが資金面を圧迫し、厳しい経営が続いていたなか、遂に資金繰りが限界に達したことから店舗閉鎖を余儀なくされ、今回の措置に至った。

関連記事(外部サイト)