アニメ「蟲師特別編」制作、「ラブライブ!(第2期)」制作協力など多数の実績、(株)アニメーションスタジオ・アートランドが債務整理

 (株)アニメーションスタジオ・アートランド(TSR企業コード:298592282、法人番号:5012401021148、武蔵野市境4−2−21、設立平成22年12月1日、資本金1305万円、岡野国治社長)は7月7日までに、債務整理を梶智史弁護士(関口・梶法律事務所東京事務所、港区赤坂3−21−5、電話03−6426−5420)へ一任した。関係者は、「破産申請をしない方向で債務整理を検討している。事業を継続する可能性もある」と話している。
 負債総額は2億9884万円(平成28年12月期決算時点)。

 アニメーション企画会社から分離独立する形で設立。アニメーションの企画や制作を手掛け、平成26年にはアニメ「蟲師特別編」を制作や、「ラブライブ!(第2期)」の制作協力など行い、27年11月期は売上高2億8974万円をあげていた。
 しかし、その後は納品の延期なども重なり業績が急激に悪化。28年11月期は売上高8136万円にとどまり、9392万円の赤字を計上していた。1ヵ月間の変則決算となる28年12月期も赤字から脱却できず、債務超過状態に陥っていた。
 7月4日時点では会社には従業員が在社し、取材に対し、「上の者がいないので詳しいことはわからない。仕事は普段通りにやっている」と話していた。

関連記事(外部サイト)