約300年の歴史を誇る鋳物業者、(株)吉年が民事再生法を申請

 約300年の歴史を誇る老舗の鋳物製造業者、(株)吉年(TSR企業コード:570220467、河内長野市上原西町16−1、設立昭和19年1月25日、資本金5500万円、吉年正守社長)は7月14日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。

 河内・丹南地区は鋳物の生産地として知られ、鋳物師発祥の地として伝えられている。吉年は河内鋳物師の流れを次ぎ、江戸時代の中期の1718年に創業。今後は、東証1部上場の共英製鋼(株)(TSR企業コード:570054028、大阪市北区)をスポンサーに事業再生を目指す。

関連記事(外部サイト)