渋谷109を中心とする人気ブランドのグループ会社、(株)ゾディアックが破産

 (株)リンク(TSR企業コード:352719834、福岡市博多区冷泉町5−35、設立平成24年4月、資本金2億3005万円、土佐谷昭社長)は12月9日までに、事後処理を中山栄治弁護士(不二法律事務所、同市中央区薬院1−16−20、電話092−712−2305)に一任した。破産の方向で検討しているとされる。
 負債総額は26億3853万円。

 渋谷109を中心とした人気ブランドのグループ会社として設立。ギャル系ファッションブランド「DURAS(デュラス)」などプロデュースしていた(株)アセットナイン(旧:(株)デュラス)(TSR企業コード:295640626、法人番号:1011001044372、同所、平成29年6月破産)などグループ会社の仕入窓口として機能するほか、婦人服の卸売などを手掛け、平成21年8月期には売上高約69億2900万円をあげていた。しかし、為替デリバティブ契約に伴う多額の損失が発生し、財務内容が急激に悪化。アセットナインが事業を縮小や再編を進めたため、当社も28年8月期は売上高約8億8500万円に落ち込んでいた。
 29年6月、アセットナインが破産開始決定を受けたことで、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)