ピーク時には生徒数約1万3000人 「個別指導塾まつがく」などを運営していた(株)創拓社出版が破産

 (株)創拓社出版(TSR企業コード:296963437、法人番号:5010001029842、台東区上野1−17−6、設立昭和58年12月10日、資本金9000万円、北村眞琴社長)は8月28日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には辺見紀男弁護士(成和明哲法律事務所、港区虎ノ門4−3−1、電話03−5405−4080)が選任された。
 負債総額は20億6100万円(平成28年3月期決算時点)だが、その後変動している可能性がある。

 中学生向けの教科書準拠教材の版権を持っていることを強みとして、小・中・高校生を対象に「個別指導塾まつがく」を全国116教室で展開、生徒数約1万3000人を有していたほか、家庭教師派遣および教材販売、一般書籍の出版なども行い、ピークとなる平成28年3月期には売上高22億7174万円をあげていた。
 しかし、28年4月にアールビバン(株)(TSR企業コード:292367210、法人番号:7010701024331、品川区、JASDAQ)の子会社(株)ダブルラック(TSR企業コード:294092706、法人番号:4010701024383、中央区)が、当社に対する営業貸付金4億2000万円が取立遅延と取立不能のおそれが生じたことを発表。一気に信用性が低下した。以降、不採算教室の閉鎖や関係会社への事業移管などを進めたが、借入金の返済遅延や給与の未払いが続き状況は改善せず、事業継続を断念し、今回の措置となった。
 また、グループ会社の(株)創拓社(TSR企業コード:300509073、法人番号:8010001159629、同所、設立平成26年4月1日、資本金300万円、川渕孝行社長)も同日、東京地裁より破産開始決定を受けた。負債は現在調査中。
 なお、創拓社出版の主力事業(個別指導、家庭教師)については、別会社に事業譲渡するなどして継続している。

関連記事(外部サイト)