ナショナル流通産業(当時)の関連会社で不動産賃貸業のONGサービス(株)ほか2社(大阪府)が特別清算開始

 ONGサービス(株)(TSR企業コード:800113063、法人番号:1470001000901、大阪市北区梅田1−2−2、設立昭和51年8月、資本金1000万円、代表清算人:柳勝久氏)と、関連のオーエヌジー(株)(TSR企業コード:800102959、法人番号:6470001000822、同所、設立昭和50年6月、資本金1500万円、代表清算人:同氏)、アクティ(株)(TSR企業コード:800126599、法人番号:9470001000308、同所、設立昭和59年1月、資本金1000万円、代表清算人:同氏)は8月10日、大阪地裁に特別清算を申請し8月22日、開始決定を受けた。
 負債はONGサービスが約10億6000万円、オーエヌジーが約13億円、アクティが約5億5000万円、3社の負債合計約29億1000万円。

 3社は香川県で創業された老舗金券ショップ「ジャパンギフトサービス」を運営するナショナル流通産業(株)(現:アクティ通商(株)、TSR企業コード:800113071、法人番号:8470001003105、大阪市北区)の関連会社。ONGサービスはグループ企業向けに不動産賃貸事業を展開。平成10年11月期には売上高7億5479万円をあげていたが、その後業容は縮小し、23年頃には実質的な休業状態となっていた。
 こうしたなか29年4月、ナショナル流通産業が過去の投資の失敗による多額の負債を抱え、資金繰りに行き詰まり民事再生法の適用を申請。ONGサービスは29年7月31日、株主総会の決議により解散し、ナショナル流通産業に連鎖するかたちで、今回の措置となった。
 オーエヌジーはゴルフ会員権等の売買、アクティは不動産仲介事業などをそれぞれ展開していた。数年前より休業状態となっていたが、ONGサービスと同様に7月31日、株主総会の決議により解散し、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)