集成材の製造、大型木造建築物の施工を手掛けるTS商事(株)(旧:トリスミ集成材(株))が特別清算開始決定

 TS商事(株)(TSR企業コード:620019476、法人番号:7150001015760、五條市住川町1297、登記上:大阪府羽曳野市羽曳が丘西3−5−12、設立昭和40年1月、資本金9000万円、代表清算人:貝本冨作氏)は10月10日、大阪地裁から特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約64億800万円(平成29年3月期決算時点)だが、変動の可能性がある。

 奈良県吉野郡を地盤に、戦後まもなく銘木商として創業。日本でいち早く集成材の製造に取り組み、小学校体育館や木造施設、橋梁、モニュメントなど大型木造建築物の建築施工、接着剤や外国木材の輸入販売などを手掛けてきた。長年にわたる実績により集成材業界をリードし、ピークとなる平成8年12月期には売上高102億1059万円を計上した。
 しかし、少子高齢化に伴う人口減少や新築住宅着工件数の減少により業績は長期にわたり下降線をたどり、近年の輸入材のコスト高などもあって採算性は悪化していた。加えて、4年1月に現本社工場を開設した際の借入負担が重く、減収推移が続くなかで経営面での大きな足かせとなっていた。
 市況が改善しないなか、28年3月期(決算期変更)の売上高は48億6693万円にまで低下し、4億1412万円の赤字を計上。29年3月期は復調が見られ、売上高54億4902万円を計上したが、5673万円の赤字となり、連続赤字を計上した。
 その後も資金状況が改善しないなかで、単独での収益改善による生き残りは厳しいとの判断から29年5月30日、メインバンクである南都銀行と商工中金、スポンサー企業となる村地綜合木材(株)(TSR企業コード:650036565、法人番号:5160001011117、滋賀県竜王町)の連名により、関連会社の奈良県大規模木造(協)(TSR企業コード:622078321、法人番号:7150005007168、五條市)とともに地域経済活性化支援機構(REVIC)に対して支援を要請し、再生支援の決定を受けた。
 29年9月1日、スポンサー企業の100%子会社である新設のトリスミ集成材(株)(TSR企業コード:025013637、法人番号:1150001021590、五條市)に事業を移管し、当社は現商号に変更。30年6月1日、登記上本社を大阪府に移すとともに同日、株主総会の決議により解散していた。

関連記事(外部サイト)