介護付有料老人ホーム「未来倶楽部」運営会社が民事再生法申請 一時金の流用が問題化

記事まとめ

  • 介護付有料老人ホーム「未来倶楽部」を運営する(株)未来設計が民事再生法適用を申請
  • 未来倶楽部は顧客から預かった一時金の流用が報じられ、資金繰りの悪化が露呈していた
  • 負債総額は約70億円で、有料老人ホーム経営会社では過去最大の負債総額となる

一時金の流用が問題化した介護付有料老人ホーム「未来倶楽部」を運営する(株)未来設計が民事再生、老人ホームとして過去最大の倒産

 (株)未来設計(TSR企業コード:294993290、法人番号:3010401044708、中央区日本橋箱崎町9−1、設立平成12年2月18日、資本金9000万円、洞寛二社長)は1月22日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は橋修平弁護士(橋修平法律事務所、中央区銀座2−2−2、電話03−6903−3210)。
 負債総額は約70億円。有料老人ホーム経営会社では過去最大の負債総額。

 介護付有料老人ホーム「未来倶楽部」の運営を主体としていた。神奈川県を中心に、東京都や千葉県など約40ヵ所に老人ホームを展開し、積極的な施設開設により、平成29年8月期は売上高約100億7000万円をあげていた。
 29年7月、(株)創生事業団(TSR企業コード:870494953、法人番号:9290001018995、福岡県福岡市)が当社の全株式を取得し、グループ化していた。しかし30年12月、一部報道で顧客から預かった一時金の流用が報じられ、資金繰りの悪化が露呈。自力での再建が困難となり、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)