鴨川、箱根で会員制ホテルを運営する(株)エメラルドグリーンクラブが民事再生法申請

 (株)エメラルドグリーンクラブ(TSR企業コード:290944830、法人番号:8011101032576、中央区日本橋堀留町1−8−12、設立昭和48年10月、資本金5000万円、片桐仁志社長)は1月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全命令を受けた。申請代理人は多比羅誠弁護士(ひいらぎ総合法律事務所、中央区銀座8−9−11)。監督委員には蓑毛良和弁護士(三宅・今井・池田法律事務所、新宿区新宿1−8−5)が選任された。
 負債総額は債権者約1万2000人に対して約450億円。

 幅広く事業を展開する安達事業グループで、「ホテルグリーンプラザ鴨川」と「ホテルグリーンプラザ強羅」の運営を手掛けていた。ホテルグリーンプラザ鴨川は、太平洋に面したロケーションを生かし、ガーデンプールや海を望む遊歩道を設置するなどしたリゾート演出が人気を集めていた。また、ホテルグリーンプラザ強羅は、高級避暑地として知られる地域で、多くのリピーターを有していた。
 しかし、景気悪化などから会員数が減少し、預託金の返済が課題として残っていた。その後、グループの事業再編や財務立て直しなどを進めていたが、預託金を巡るトラブルも発生し、資金繰りが限界に達したため今回の措置となった。
 なお、ホテルグリーンプラザ鴨川とホテルグリーンプラザ強羅は通常通り運営を継続している。
 問い合わせ先は(株)エメラルドグリーンクラブ会員制事業部(1月31日まで電話03−6629−7508、2月1日から電話0120−225−106)。

関連記事(外部サイト)