山形県庄内地域で寛文年間創業の有名旅館「萬国屋」を運営していた(株)ミリオンが特別清算開始決定

 (株)ミリオン(TSR企業コード:211033901、法人番号:9390001007939、鶴岡市湯温海丁1、設立1981(昭和56)年1月、資本金4560万円、代表清算人:加々美博久弁護士)は4月8日、山形地裁鶴岡支部より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約31億6800万円。

 寛文年間創業の山形県庄内地域を代表する温泉旅館で、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」では毎年入賞するなど、全国的にも高い知名度を誇っていた。1994年12月期には多額の資金を投じた新館がオープン。その効果から1996年12月期には売上高約36億1300万円を計上した。
 しかし、その後は長引く景気低迷の影響から団体客の減少や客単価の下落が進み、売上維持で苦戦が続いたほか、多額の有利子負債を抱えるなかで、慢性的な赤字から債務超過に陥っていた。
 こうしたなか、メインバンクの主導で経営再建を模索し2019年2月、第二会社方式による会社分割で山形県トップの温泉旅館「日本の宿 古窯」を運営する(株)旅館古窯(TSR企業コード:210092416、法人番号:4390001004882、上山市)に経営権を譲渡し、新たに設立した(株)萬国屋(TSR企業コード:035158654、法人番号:8390001015521、鶴岡市)が営業および従業員を継承。当社は(株)萬国屋から現商号に変更し、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)