クラフト用品販売などの(株)サンヒットが民事再生法を申請

 (株)サンヒット(TSR企業コード:292785178、法人番号:5011801008234、八潮市大瀬6−9−7、登記上:足立区神明3−28−15、設立1987(昭和62)年9月、資本金2185万5000円、岡野泰山社長)は5月14日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し5月15日、保全管理命令を受けた。申請代理人は縣俊介弁護士(みなと協和法律事務所、東京都港区虎ノ門2−1−1、電話03−5545−8075)。保全管理人には加々美博久弁護士(加々美法律事務所、東京都港区西新橋1−2−9、電話03−3581−3901)が選任された。
 負債総額は債権者427名に対して88億2493万円。

 クラフト用品や裁縫用品などの企画販売を手掛けていた。大手小売店や100円ショップへの卸とともに、直営店やネットショップでの小売りも手掛け、2017年8月期は売上高約31億5000万円をあげていた。
 しかし、直営店の出店費用なども含めた設備投資による借入金が重くのしかかり、窮屈な資金繰りを強いられていた。そうしたなか、過去からの決算操作で維持してきた資金繰りも限界となり、2019年3月には金融機関に対して借入金の返済条件変更を要請した。ここにきて、再度の資金ショートを起こし5月13日、行き詰まりを表面化したことで金融機関との調整がうまくいかず、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)