かまぼこ製造で有名な(株)美濃屋吉兵衛商店(神奈川)が破産申請へ、旧会社に続き再度の破綻

 (株)美濃屋吉兵衛商店(TSR企業コード:016383273、法人番号:1021001057803、小田原市成田944−6、登記上:同市栄町1−2−11、設立2015(平成27)年11月、資本金4150万円、鈴木貴代美社長)は5月20日、事業を停止し、破産手続きを湯川將弁護士(湯川・佐原法律事務所、東京都港区高輪2−15−11、電話03−3280−0721)に一任した。
 負債は現在調査中。

 旧:(株)美濃屋吉兵衛商店(TSR企業コード:360029221、法人番号: 6021001033262、のちの(株)MKS、2017年10月特別清算開始決定)の事業承継を目的に、(株)K.S.Cの商号で設立。2016年3月に現商号に変更し、同年9月に旧:美濃屋吉兵衛商店から会社分割を受けた。
 本社同所に工場を設置して小田原市内および箱根町に直営店を展開。かまぼこなどの水産練製品を主体に、梅干、塩辛などの製造販売を行っていた。一般小売のほかに百貨店での催事販売も行い、2017年1月期に売上高4億941万円を計上した。
 しかし、旧:美濃屋吉兵衛商店が2015年1月に民事再生法の適用を申請した影響を受け、金融機関からの資金調達が制限を受けるなかで販売不振に陥り資金繰りが逼迫。旧:美濃屋吉兵衛商店の民事再生法申請(2015年3月に申請を取り下げ)に引き続き、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)