中国系の貿易商社、上海国際(株)が民事再生開始決定

 上海国際(株)(TSR企業コード:292956606、法人番号:4010001086182、中央区新川1−24−12、設立1993(平成5)年6月、資本金4億9000万円、茅建医社長)は9月12日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し9月19日、民事再生開始決定を受けた。 申請代理人は大川友宏弁護士(長島・大野・常松法律事務所、千代田区丸の内2−7−2、電話03−6889−7000)ほか。
 監督委員には近藤丸人弁護士(近藤丸人法律事務所、中央区銀座1−8−21、電話03−3567−6261)が選任された。
 負債総額は債権者約40名に対して約200億円。

 上海市人民政府の政策決定と上海実業(集団)有限公司の出資により設立された。中国向けの貿易仲介を手掛け、化学品や鋼材など扱い品は多品目にわたり、2018年12月期は売上高約1800億円をあげていた。
 しかし、国内外の販売先から売掛金の回収不能が重なり、資金繰りが急激に悪化し、銀行へのL/C(信用状)の決済が遅れた。
 回収不能となった中国の取引先に対しては詐欺的行為の疑いがあるとして中国で告訴したものの、資金繰りの改善の見通しが立たず、今回の措置となった。
 今後は、スポンサーを広く募り、再建を目指す意向とのこと。

関連記事(外部サイト)