長崎屋の事業を一部継承していた(株)かのこが破産開始

 (株)かのこ(TSR企業コード:294183701、法人番号:4010001066399、中央区東日本橋3−6−6、設立1999(平成11)年10月、資本金3000万円、田村清社長)は11月29日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。破産管財人には松下満俊弁護士(梶谷綜合法律事務所、千代田区大手町1−7−2、電話03−5542−1453)が選任された。
 負債総額は債権者117名に対して4億1686万円。

 呉服や和装品の販売を手掛け、ショッピングモール内などに10店舗(2019年11月29日現在)を構えていた。2000年2月に会社更生法の適用を申請した(株)長崎屋(TSR企業コード:291124666、法人番号:9013201016185、東京都中央区)の一部事業を引き継ぎ、過去には30億円以上の年間売上高をあげていた。しかし、近年は和装の需要低迷などから売上は落ち込み、利益も赤字が続き、12億9000万円の債務超過に陥っていた。
 業況が改善しないなか、事業継続も困難となり今回の措置となった。
 なお、11月29日、(株)ヤマノホールディングス(TSR企業コード:292231776、法人番号:4011001030931、渋谷区、JASDAQ)が事業の一部を譲受したことを公表(譲受価額3000万円)している。

関連記事(外部サイト)