新型コロナによる自動車メーカー工場の操業停止が影響、(株)イワヰ(愛知)が民事再生法を申請

div class="summaryText-right"> (株)イワヰ(TSR企業コード:400240270、法人番号:6180001007913、名古屋市昭和区白金1−3−15、設立1964(昭和39)年3月、資本金4500万円、岩井かほる社長)は7月31日、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。申請代理人は橋本芳則弁護士ほか(金子・中・橋本法律特許事務所、大阪市北区西天満4−3−25、電話06−6364−6411)。監督委員には山田尚武弁護士(弁護士法人しょうぶ法律事務所、名古屋市中村区名駅1−1−1、電話052−561−5550)が選任された。
 負債総額は債権者258名に対して47億8361万円。

 1926年12月創業。自動車のヘッドレストやドア、マフラーなどの金属プレス加工を手掛けていた。溶接、アッセンブリまで一貫して対応。大手自動車メーカーの1次サプライヤー向けなどに販路を築き、ピークとなる1992年1月期には121億321万円の売上高を計上。2014年1月期までは約100億円の年間売上高で推移し、黒字を維持していた。
 しかし、その後は生産拠点の海外移転などを背景に受注が伸び悩み、単価も下落。2015年1月期以降は赤字を散発し、債務超過に陥っていた。2020年1月期の売上高は87億745万円にとどまり、5億1515万円の赤字を計上した。
 その後も「新型コロナウイルス」の影響による自動車メーカーの工場の操業停止で受注がさらに低下。資金繰りも限界に達し、今回の措置となった。

関連記事(外部サイト)