負債総額は今年最大の1004億円、元ホテルなど運営の(株)東京商事が特別清算

 (株)東京商事(TSR企業コード:320178285、法人番号:7011101032841、中央区日本橋堀留町1−8−12、設立1973(昭和48年)3月27日、資本金2000万円、代表清算人:岩本孝氏)は4月22日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は1004億8300万円(グループ会社への債務のみ)。

 リゾートホテル、ゴルフ場、テーマパーク、スキー場に加え、ブライダル施設、シティーホテル、カプセル&サウナ・スパ、飲食店、会員制事業、オフィスビル等の数多くの施設の保有・運営を主業としてきた。
 安達事業グループの中核企業として、ホテル・レジャー施設の経営、貸ビル業などを手掛け、全国に展開しているグリーンプラザチェーンの一角である「グリーンプラザ軽井沢」及び同所に設置しているゴルフ場、おもちゃ王国の運営、及び、貸ビル運営(大半はグループ企業への賃貸)なども行い、ピーク時の1987年12月期には売上高約179億円をあげていた。
 しかし、一部のホテル運営をグループ会社へ移管したことなどから2018年3月期(決算期変更)の売上高は50億4000万円に減少していた。不動産購入、グループ企業に対する貸し付けなどに伴う過大な金融債務に加え、不良債権処理を行ったことで連続欠損を余儀なくされ、大幅な債務超過に転落していた。
 この間、金融機関が断続的に債務を投資会社などに譲渡し、その後2018年3月30日、会社分割によって新設された(株)日本商事(TSR企業コード:027756874、法人番号:2010001190738、東京都中央区)に事業を譲渡、2020年11月30日株主総会の決議により解散していた。
  負債総額は今年3月に民事再生法を適用した(株)F−Power(TSR企業コード:297969072、東京都港区、負債464億8500万円)を上回り今年最大。負債総額1000億円超えは2019年2月に特別清算開始決定を受けたMT映像ディスプレイ(株)(TSR企業コード:575163410、大阪府門真市、負債1033億2600万円)以来となった。

関連記事(外部サイト)

×