国内外に水晶デバイス製品を供給、九州電通(株)[長崎]が民事再生法を申請

※画像は実際の企業と関係はありません

 九州電通(株)(TSR企業コード:920064574、法人番号:2310001008728、大村市福重町340、設立1973(昭和48)年6月、資本金7040万円、角谷省一社長)は6月9日に東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。
 申請代理人は三澤智弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、東京都中央区八重洲2−8−7、電話03−3273−2600)。
 負債総額は債権者約110名に対し約34億円。

 同社は人工水晶切断工程から研磨・アセンブリ工程までの一貫した製造を手掛け、国内外に水晶デバイス製品を供給している。1976年には森園工場を開設、1978年東京営業所を設置。1990年福重工場を開設。その後も中国上海、中国江蘇、インドネシアスラバヤに現地法人を設立し、グループ内で製造拠点を増強。2003年上海営業所を設置するなど事業基盤を構築し、2001年6月期には売上高約73億円をあげていた。
 しかし、海外企業との競合激化などで、近年の売上高は減少。資金面も借入過大な状況が続き、ひっ迫していたことから、2014年には森園工場を福重工場に統合するなど経営体質の改善を図った。
 だが、その後も業況は好転せず、2018年7月には一部の金融機関の債権の一部を県信用保証協会が代位弁済するなど厳しい運営が続き、今回の措置となった。
 債権者説明会を2021年6月15日、13時30分より、「オフィス東京」(東京都中央区京橋1−6−8コルマ京橋ビル)で開催予定。

関連記事(外部サイト)

×