三菱自、ルノーと新車ローンで提携へ…欧州向け

 三菱自動車は、欧州で新車を購入する人向けの自動車ローンで、仏ルノーと提携する方針を固めた。

 今年度中にも、ルノーの金融子会社が三菱車の購入者にローンを提供できるようにし、現地での販売拡大を図る。三菱自は昨年10月に日産自動車の傘下に入り、日産・ルノー連合に加わった。この提携を手始めに、ルノーとの提携を本格化させる。

 三菱自は欧州の主要数か国でルノーのローンを活用できるようにする。2016年度の世界販売約92万台のうち、欧州は約2割を占め、最も多いアジア(約3割、日本を除く)に次ぐ収益の柱だ。三菱自は欧州に金融子会社がないため、ルノーと提携することにした。

 欧州では年内にも、スポーツ用多目的車(SUV)の新モデル「エクリプス クロス」を投入する計画で、三菱自はこれに合わせて販売のてこ入れを図る。