成田にハート形モニュメント、新婚夫婦も笑顔

成田にハート形モニュメント、新婚夫婦も笑顔

ハート形のモニュメントに取り付けられた鐘を鳴らす新婚夫婦(1日、千葉県芝山町で)

 成田空港A滑走路の南側にある公園「ひこうきの丘」(千葉県芝山町)に今月、ハート形のモニュメントが完成した。町の新たな観光スポットにするのが狙いだ。

 ひこうきの丘は、成田国際空港会社(NAA)が所有する土地を町が整備し、2016年にオープン。A滑走路を離着陸する航空機が見渡せることから週末には多くの人が訪れる。

 モニュメントは高さ2・5メートル、幅3メートルのハート形で、鐘がつるされている。1日には除幕式が行われ、相川勝重町長らが出席。この日の朝に婚姻届を提出した多古町のJA職員の男性(30)と会社員の女性(23)が初めて鐘を鳴らした。2人は「結婚生活のいいスタートがきれそう」と笑顔を見せていた。