東映は3日ぶり反発し年初来高値、アプリゲーム好稼働で18年3月期業績予想を上方修正

 東映<9605.T>が3日ぶりに反発し年初来高値を更新。9日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、売上高を1109億円から1157億円(前期比9.9%減)へ、営業利益を125億円から153億円(同12.4%減)へ、純利益を67億円から76億円(同30.7%減)へ上方修正した。

 国内外で「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」など各種アプリゲームが好稼働しており、版権収入が増える見通しだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連記事(外部サイト)