◎欧米外為市場サマリー:一時108円70銭台に下落

◎欧米外為市場サマリー:一時108円70銭台に下落

◎欧米外為市場サマリー:一時108円70銭台に下落の画像

 11日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は1ドル=109円17銭前後と前日に比べ4銭のドル安・円高。ユーロは、1ユーロ=129円05銭前後と同40銭強のユーロ高・円安だった。

 ニューヨーク市場は109円10銭前後で取引が始まった。この日発表された米7月消費者物価指数は、市場予想を下回ったことから、米国の早期利上げ観測が後退した。また、北朝鮮リスクによるドル売り・円買いも加わり、ドルは一時108円70銭まで下落。ただ、108円後半では値頃感からの買いが流入した。また、ロシアが北朝鮮情勢の緩和に向け中国と協力する姿勢を示したと伝わったこともあり、一時109円40銭まで上昇する場面があった。結局、109円10銭台で取引を終えた。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1823ドル前後と同0.0050ドル程度のユーロ高・ドル安だった。


出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連記事(外部サイト)