東京株式(寄り付き)=売り優勢、円高・ドル安進行を嫌気

東京株式(寄り付き)=売り優勢、円高・ドル安進行を嫌気

東京株式(寄り付き)=売り優勢、円高・ドル安進行を嫌気の画像

 14日寄り付きの東京株式市場は売り優勢の展開、日経平均株価は前週末比184円安の1万9545円と4日続落のスタート。北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒感が引き続いていることに加え、外国為替市場で円高・ドル安が進行していることから、輸出関連の主力銘柄中心に売りが優勢となっている。14日午前9時の東京外国為替市場では、1ドル=109円20銭台と、10日夕刻に比べて円高・ドルが進行している。

 前週末11日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比14.31ドル高の2万1858.32ドルと4日ぶりに反発した。前日のNYダウ平均株価が200ドルを超える大幅下落だったこともあり、アップルなどハイテク関連銘柄の一角に押し目買いが入り、全体相場を支えた。ただ、北朝鮮を巡る情勢緊迫化への警戒感は根強く、上値を追う動きは限定的となった。ナスダック総合株価指数は、前日比39.684ポイント高の6256.556と4日ぶりに反発した。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、3業種が高く、値上がりはゴム製品、紙・パルプ、石油・石炭。値下がりで目立つのは鉄鋼、ガラス・土石、銀行、精密機器など。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連記事(外部サイト)