日経平均株価が一時1万9500円台割れ、5月19日以来約3カ月ぶり

 14日前場の東京株式市場で、日経平均株価は一時、前日比243円安の1万9486円まで売り込まれ、取引時間中では5月19日以来約3カ月ぶりに1万9500円台を割り込んだ。

 外国為替市場での円高・ドル安進行を嫌気して、輸出関連の主力銘柄を中心にほぼ全面安商状となっている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連記事(外部サイト)