東京株式(寄り付き)=売り買い交錯、NYダウ連日最高値も利益確定売り圧力顕在化

東京株式(寄り付き)=売り買い交錯、NYダウ連日最高値も利益確定売り圧力顕在化

東京株式(寄り付き)=売り買い交錯、NYダウ連日最高値も利益確定売り圧力顕在化の画像

 14日の東京株式市場は売り買い交錯、寄り付きの日経平均株価は前日比5円安の1万9860円と小反落。

 前日の米国株市場ではNYダウ4日続伸で連日の最高値更新、ナスダック指数も小幅ながら3日続伸と上昇基調を継続、外国為替市場では1ドル=110円台半ばの推移と円安方向に振れており、引き続きリスクオンの環境が先行している。ただ、利益確定売り圧力も強まっている。北朝鮮を巡る地政学リスクを背景に前週に売り建てた向きの買い戻しは一巡しているとみられ、2万円大台を前に売り物をこなし切れるかどうかが注目される。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、16業種前後が高く値上がり上位に鉄鋼、繊維、その他金融、鉱業、銀行など。値下がりで目立つのは情報通信、保険、精密機器など。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連記事(外部サイト)