東芝の特設注意市場銘柄を解除、東証

東芝の特設注意市場銘柄を解除、東証

東芝の特設注意市場銘柄を解除、東証の画像

 東京証券取引所は11日の取引終了後、東芝<6502.T>の特設注意市場銘柄の指定を解除すると発表した。監理銘柄(審査中)の指定も解除する。解除日はともに12日。同社は不正会計が発覚したことを受け、15年9月から特設注意市場銘柄に指定されてきたが、2年1カ月を経て同指定を解除されることになる。同社の内部管理体制については、相応の改善がなされたとみている。

 ただ、同社は債務超過に関する上場廃止基準の猶予期間に入っており、18年3月期末時点に債務超過の状態が解消されない場合、同社株は上場廃止となる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連記事(外部サイト)