エボラブルが続伸、10-12月期(1Q)経常は45%増益で着地

 14日、エボラブルアジア <6191> [東証M]が決算を発表。17年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益が前年同期比44.6%増の2億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 主力の航空券予約サイトの利用者拡大で手数料収入が伸びたことが寄与。ベトナムにおけるIT開発事業で受託案件の単価が上昇したことも増益に貢献した。株価は上場来高値を更新した。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)