シノケンGが続伸、今期経常は11%増で6期連続最高益、9円増配へ

 15日、シノケングループ <8909> [JQ]が決算を発表。16年12月期の連結経常利益は前の期比53.5%増の98.9億円に拡大して着地。続く17年12月期も前期比11.2%増の110億円に伸び、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。

 今期も低金利を背景にアパートや投資用マンションの販売が伸び、29.2%の大幅増収を見込む。業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比9円増の45円に増配する方針とした。なお、前期に引き続き経常利益が10%以上、上振れする場合は特別配当を実施する予定としている。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)