フロイントが反発、3-11月期(3Q累計)経常は90%増益、今期配当を5円増額

 6日、フロイント産業 <6312> [JQ]が決算を発表。17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益が前年同期比89.5%増の14.8億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 後発医薬品メーカー向けに造粒・コーティング装置や医薬品添加剤の販売が好調だったことが寄与。なお、直近3ヵ月である9-11月期(3Q)の同利益は全四半期ベースでの最高益を達成した。

 併せて、上場20周年記念配当5円を上積みする形で、期末一括配当を従来計画の15円→20円に増額修正したことも支援材料となった。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)