野村マイクロが買い気配、今期経常を一転2.5倍増益に上方修正、配当も7円増額

 14日、野村マイクロ・サイエンス <6254> [JQ]が17年3月期の連結経常利益を従来予想の5600万円→4億8300万円に8.6倍上方修正。従来の71.0%減益予想から一転して2.5倍増益見通しとなったことが買い材料視された。

 中国と韓国で受注した半導体・液晶メーカー向け純水製造装置の順調な工事進捗に加え、消耗品・メンテナンスの受注が想定より伸びることが収益を押し上げる。

 業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の3円→10円(前期は3円)に大幅増額修正した。前日終値ベースの期末配当利回りが2.91%に急上昇し、配当取りを狙う買いも向かった。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)