日本紙が急反発、「印刷用紙15〜20%値上げ」

 日本製紙 <3863> が急反発。日経新聞が21日付で「日本製紙は4月出荷分から、印刷用紙の流通業者への販売価格を1キロ15円(15〜20%)以上、値上げする」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「値上げは2015年2月以来となる。書籍に使う上質紙、雑誌やカタログに使う上質コート紙のほか、コピー用紙やレジで使う感熱紙といった情報用紙も10%以上値上げする」という。印刷用紙や情報用紙の値上げによる収益改善に期待する買いが向かった。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)