ファストリが大幅反発、9-11月期(1Q)税引き前は34%増益で着地

 12日、ファーストリテイリング <9983> が決算(国際会計基準=IFRS)を発表。17年8月期第1四半期(9-11月)の連結税引き前利益が前年同期比34.2%増の1042億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 冬物衣料の販売が伸びた国内事業に加え、中華圏や東南アジアの業績好調が寄与した。値引き販売の抑制やコスト削減、11月からの円安による為替差益の発生も利益を大きく押し上げた。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)