10時の日経平均は107円安の1万8405円、東エレクが15.54円押し下げ

 2日10時現在の日経平均株価は前日比107.74円(-0.58%)安の1万8405.38円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は669、値下がりは1146、変わらずは174と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回っている。

 日経平均マイナス寄与度は15.54円の押し下げで東エレク <8035>がトップ。以下、KDDI <9433>が8.98円、ファストリ <9983>が5.37円、ファナック <6954>が4.8円、アルプス <6770>が4.6円と続いている。

 プラス寄与度トップはキヤノン <7751>で、日経平均を1.15円押し上げている。次いで三菱UFJ <8306>が0.96円、日立建機 <6305>が0.84円、クレセゾン <8253>が0.81円、武田 <4502>が0.81円と続く。

 業種別では33業種中12業種が値上がり。1位は銀行で、以下、海運、証券・商品、石油・石炭と続く。値下がり上位にはゴム製品、その他製品、食料が並んでいる。

 ※10時0分5秒時点

株探ニュース

関連記事(外部サイト)