小林産が急伸で新高値、前期経常を26%上方修正

 5日、建設用ボルト・ナット大手の小林産業 <8077> が業績修正を発表。16年10月期の連結経常利益を従来予想の4.2億円→5.3億円に26.4%上方修正し、減益率が37.3%減→20.7%減に縮小する見通しとなったことが買い材料。

 各拠点で収益性の改善を進めたことが利益上振れの要因となった。株価は年初来高値を約1ヵ月ぶりに更新した。


株探ニュース

関連記事(外部サイト)