13時の日経平均は196円安の1万9506円、ファストリが25.96円押し下げ

 18日13時現在の日経平均株価は前日比196.43円(-1.00%)安の1万9506.20円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は331、値下がりは1598、変わらずは92と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回っている。

 日経平均マイナス寄与度は25.96円の押し下げでファストリ <9983>がトップ。以下、ファナック <6954>が10.35円、京セラ <6971>が10.16円、日東電 <6988>が5.49円、TDK <6762>が4.89円と続いている。

 プラス寄与度トップは東エレク <8035>で、日経平均を3.76円押し上げている。次いでアサヒ <2502>が3.20円、キリンHD <2503>が0.58円、スクリン <7735>が0.53円、JT <2914>が0.45円と続く。

 業種別では33業種中31業種が下落し、上昇は海運、食料の2業種のみ。値下がり1位は保険で、以下、証券・商品、鉄鋼、ガラス・土石、銀行、不動産と並ぶ。

 ※13時0分14秒時点

株探ニュース

関連記事(外部サイト)