13時の日経平均は174円安の1万8251円、ファストリが33.38円押し下げ

 5日13時現在の日経平均株価は前週末比174.92円(-0.95%)安の1万8251.16円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は397、値下がりは1448、変わらずは144と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回っている。

 日経平均マイナス寄与度は33.38円の押し下げでファストリ <9983>がトップ。以下、ソフトバンク <9984>が11.4円、TDK <6762>が8.06円、ホンダ <7267>が5.76円、電通 <4324>が5.37円と続いている。

 プラス寄与度トップは塩野義 <4507>で、日経平均を2.26円押し上げている。次いで東邦鉛 <5707>が1.19円、アドテスト <6857>が0.92円、資生堂 <4911>が0.81円、花王 <4452>が0.81円と続く。

 業種別では33業種中32業種が下落し、上昇は水産・農林の1業種のみ。値下がり1位は銀行で、以下、鉱業、不動産、その他金融、サービス、ゴム製品と並ぶ。

 ※13時0分13秒時点

株探ニュース

関連記事(外部サイト)