大幸薬品が続急伸、4-6月期(1Q)経常は黒字浮上で着地

 10日、大幸薬品 <4574> が決算を発表。18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益が1.2億円の黒字(前年同期は0.9億円の赤字)に浮上して着地したことが買い材料視された。

 前年同期に高水準だった国内医薬品の在庫が正常化したうえ、新製品「正露丸クイックC」の販売開始も寄与し、医薬品事業の収益が急拡大した。円安による為替差損の減少なども黒字浮上に貢献した。

株探ニュース

関連記事(外部サイト)