【↓】日経平均 大引け| 続落、伊首相の辞意表明でリスク回避の売りが先行 (12月5日)


日経平均株価
始値  18349.92
高値  18365.74(09:07)
安値  18227.39(12:47)
大引け 18274.99(前日比 -151.09 、 -0.82% )

売買高  20億6800万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆2937億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均株価は151円安と続落
 2.イタリア国民投票で改憲反対派勝利し、目先リスクオフに
 3.ユーロ安もドル円相場で円高進行せず、下げ幅は限定的
 4.海外ヘッジファンドの売り観測も押し目買い意欲は強い
 5.テーマ株物色健在で、機械や半導体、化学株の一角に買い

■東京市場概況

 前週末の米国市場では、NYダウは21ドル安と4日ぶりに反落。米長期金利の上昇一服で金融株を中心に利益確定売りが優勢となった。

 週明けの東京市場では、利益確定売りが優勢で、日経平均株価は終始軟調だった。イタリアの国民投票の結果を受けてリスクを避ける動きが鮮明だった。

 5日の東京市場は、前週末に続き利益確定の動きに押される展開に終始した。前週末の米国株市場では主要指数が高安まちまちの展開だったが、為替が円高含みに推移していたことで警戒感を募らせた。そうしたなか、朝方にイタリアの国民投票で改憲反対派が勝利し、レンツィ首相が辞意を表明したことが伝わり、全般はリスクを回避する流れが強まった。海外ヘッジファンドなど短期筋の売りが一部で観測されている。しかし、ドル円相場は投機的な円買いの動きに発展することなく、1ドル=113円台半ばを軸にもみ合ったこともあって、売り一巡後は主力株に押し目買いの動きもみられた。日経平均の下げ幅は限定的なものにとどまっている。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが利益確定売りに軟調、円安一服を受けてトヨタ自動車<7203>など自動車株も総じて弱い動きとなった。連日ストップ高で注目の安永<7271>は、きょうはストップ高目前まで買われた後に軟化して安く引けた。ディー・エヌ・エー<2432>が売られ、日本金銭機械<6418>なども下落した。
 半面、住友化学<4005>は買いが優勢、三菱商事<8058>もしっかりだった。日本アジア投資<8518>が連日のストップ高で買い物を残した。三井ハイテック<6966>、DMG森精機<6141>などが値を飛ばし、日本駐車場開発<2353>も物色人気となった。東邦亜鉛<5707>が大幅高となったほか、ルネサスエレクトロニクス<6723>の上昇も目を引く。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はKDDI <9433> 、塩野義 <4507> 、東邦鉛 <5707> 、アドテスト <6857> 、三菱商 <8058> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約8円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ソフトバンク <9984> 、TDK <6762> 、電通 <4324> 、セコム <9735> 。押し下げ効果は約62円。

 東証33業種のうち上昇は7業種。上昇率の上位5業種は(1)水産・農林業、(2)海運業、(3)卸売業、(4)機械、(5)化学。一方、下落率の上位5業種は(1)銀行業、(2)不動産業、(3)サービス業、(4)建設業、(5)保険業。

■個別材料株

△サカタのタネ <1377>
 「6-11月期営業益が一転最高益」と報道。
△日本駐車場 <2353>
 8-10月期(1Q)経常は2.3倍増益。
△ケイアイ不 <3465> [東証2]
 東証1部に指定替え・株式分割を実施。
△住友化 <4005>
 ゼオンと省燃費タイヤ原料で合弁設立。
△大陽日酸 <4091>
 SMBC日興証が目標株価を「840円→1000円」に増額。
△キタック <4707> [JQ]
 今期経常は20%増益。
△東邦鉛 <5707>
 みずほ証が投資判断を「中立→買い」へ引き上げ。
△共和工業 <5971> [JQ]
 今期経常を一転59%増益に上方修正。
△JALCO <6625> [JQ]
 カジノ関連の出遅れとして投機資金が流入。
△ヴィアHD <7918> [JQ]
 東証1部に市場変更。

▲日本スキー <6040> [東証M]
 8-10月期(1Q)経常は赤字拡大で着地。
▲マルマン <7834> [JQ]
 東証が信用規制。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)アジア投資 <8518> 、(2)三井ハイテク <6966> 、(3)DMG森精機 <6141> 、(4)日本駐車場 <2353> 、(5)アビスト <6087> 、(6)ショーワ <7274> 、(7)太平発 <8835> 、(8)東邦鉛 <5707> 、(9)日本電子 <6951> 、(10)クレスコ <4674> 。

 値下がり率上位10傑は(1)MDV <3902> 、(2)ヤーマン <6630> 、(3)ディーエヌエ <2432> 、(4)安永 <7271> 、(5)日金銭 <6418> 、(6)M&Aキャピ <6080> 、(7)平河ヒューテ <5821> 、(8)百十四 <8386> 、(9)ブイキューブ <3681> 、(10)オーイズミ <6428> 。


【大引け】

 日経平均は前日比151.09円(0.82%)安の1万8274.99円。TOPIXは前日比11.02(0.75%)安の1466.96。出来高は概算で20億6800万株。値上がり銘柄数は539、値下がり銘柄数は1327となった。日経ジャスダック平均は2658.72円(0.52円高)。

[2016年12月5日]

株探ニュース

関連記事(外部サイト)