【↓】日経平均 大引け| 900円超安、「トランプショック」激震で一時1000円超の下げ (11月9日)


日経平均株価
始値  17281.95
高値  17427.71(10:01)
安値  16111.81(14:09)
大引け 16251.54(前日比 -919.84 、 -5.36% )

売買高  38億1019万株 (東証1部概算)
売買代金 3兆9242億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均急落、「トランプショック」激震走る
 2.一時1000円超の下げで97%の銘柄が下落
 3.売買代金は4兆円弱に膨らむ
 4.トヨタなど自動車株の下げが目立つ
 5.全面安商状も防衛関連の一角に買いが入る

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは73ドル高と続伸、民主党のクリントン候補が優勢との見方が強まり、買いが優勢となった。

 東京市場では、大波乱の展開。朝方は高く始まったものの、米大統領選の開票が始まると様相が一変、トランプ候補優勢の報道に合わせて日経平均株価は大きく値を崩す展開となった。下げ幅は「英国EU離脱ショック」で1286円安と急落した6月24日以来となる919円安となった。

 9日の東京市場は、寄り付きは前日の米国株市場でNYダウが続伸したほか、外国為替市場でドル高・円安が進行していたこともあって高く始まった。しかし、米大統領選の開票状況が伝わり始めると様相が一変、日経平均は上下に荒い値動きとなり、前場後半から一気に株価水準を切り下げる展開となった。後場に入ると、トランプ候補の勝利の可能性が高まったとの見方から一段とリスクオフの流れが加速、日経平均は一時1000円を超える下げとなった。値下がり銘柄数は東証1部全体の97%を占めた。売買代金は4兆円近くに膨らみ2月12日以来の高水準となった。

 個別では、トヨタ自動車<7203>が5000円台半ばまで売り込まれたほか、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクも大きく下げた。任天堂<7974>、ソニー<6758>、村田製作所<6981>などの下げも目立つ。アルテック<9972>が急反落、東急建設<1720>、三井金属<5706>、ミツミ電機<6767>なども大きく下落した。
 半面、東京計器<7721>が急伸、石川製作所<6208>が一時値幅制限いっぱいに買われるなど防衛関連が買いを集めたほか、ウィルグループ<6089>が一時ストップ高となった。TOWA<6315>、安藤ハザマ<1719>なども値を飛ばした。

 日経平均採用はすべて銘柄が下落、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、KDDI <9433> 、京セラ <6971> 。押し下げ効果は約243円。うち110円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のすべての業種が下落。下落率の小さかった上位5業種は(1)空運業、(2)電気・ガス業、(3)医薬品、(4)陸運業、(5)小売業。一方、下落率の大きかった5業種は(1)輸送用機器、(2)海運業、(3)証券商品先物、(4)鉄鋼、(5)ガラス土石製品。

■個別材料株

△安藤ハザマ <1719>
 今期経常を一転46%増益・最高益に上方修正。
△シップHD <3360>
 上期経常は一転10%増益で上振れ着地。
△バイク王 <3377> [東証2]
 GセブンHDと資本業務提携。
△ノエビアHD <4928>
 今期経常は11%増で2期ぶり最高益。
△三星ベ <5192>
 2.9%を上限に自社株買いを実施。
△ウィルG <6089>
 株式分割・好決算・優待拡充を発表。
△石川製 <6208> 、東京計器 <7721> 、豊和工 <6203>
 米大統領選でトランプ氏の優勢伝わり、防衛関連に買い。
△TOWA <6315>
 上期経常は一転54%増益で上振れ着地。
△ユニマRC <9707> [JQ]
 今期最終を6期ぶり最高益に2.5倍上方修正。


▲アクセルM <3624> [東証M]
 前期最終は赤字拡大で下振れ着地。
▲メディシス <4350>
 今期経常を26%下方修正。
▲信号 <6741>
 今期経常を一転25%減益に下方修正。
▲アルテック <9972>
 東証が信用規制。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)東京計器 <7721> 、(2)ウィルG <6089> 、(3)石川製 <6208> 、(4)豊和工 <6203> 、(5)KNTCT <9726> 、(6)Nフィールド <6077> 、(7)TOWA <6315> 、(8)C&Fロジ <9099> 、(9)GDO <3319> 、(10)東芝テック <6588> 。

 値下がり率上位10傑は(1)アルテック <9972> 、(2)三谷セキ <5273> 、(3)アーレスティ <5852> 、(4)メディシス <4350> 、(5)東急建設 <1720> 、(6)日本化 <4092> 、(7)日コン <5269> 、(8)蛇の目 <6445> 、(9)太陽誘電 <6976> 、(10)日金銭 <6418> 。


【大引け】

 日経平均は前日比919.84円(5.36%)安の1万6251.54円。TOPIXは前日比62.33(4.57%)安の1301.16。出来高は概算で38億1019万株。値上がり銘柄数は43、値下がり銘柄数は1934となった。日経ジャスダック平均は2513.21円(60.21円安)。

[2016年11月9日]

株探ニュース

関連記事(外部サイト)