【↓】日経平均 大引け| 小反落、米大統領選を前に、手控えムード強く小動き (11月8日)


日経平均株価
始値  17242.70
高値  17247.04(09:05)
安値  17130.83(10:45)
大引け 17171.38(前日比 -5.83、 -0.03% )

売買高  16億5971万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆7766億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小反落
 2.米株急騰と為替の円安進行も買い続かず
 3.トランプリスク後退は追い風だが買い主体不在
 4.米大統領選の結果判明まで売り買いとも手控え
 5.売買代金は1兆8000億円弱と低調

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウが371ドル高と急反騰。大統領選でクリントン氏が優勢との見方が強まり、買いが先行した。

 東京市場では、朝方買い優勢でスタートしたものの、寄り後に日経平均の上値は重くなり、前場中盤にはマイナス圏に沈むかたちとなった。ただ、売り圧力も限定的で下値に対しても頑強だった。

 8日の東京市場は、米国株式市場でNYダウが370ドル強の上昇をみせるなど急反騰、為替市場でもドルが買い戻され、1ドル=104円台半ばまで円安に振れるなど、足もとはリスクオフの巻き戻しが進んだ。米大統領選でのトランプリスクの後退が意識されるなか、主力株中心に幅広く買い優勢で始まったが、その後は上値の重さが露呈した。手掛かり材料を欠くなか、あす判明する米大統領選の結果を見極めたいとの思惑が売り買いともに手控えムードに反映され、売買代金は1兆8000億円を下回るなど低調が際立った。

 個別では、小野薬品工業<4528>が軟調、武田薬品工業<4502>も売りに押された。業績下方修正のDMG森精機<6141>が急落、日本製鋼所<5631>、矢作建設工業<1870>なども大きく下げた。また、江崎グリコ<2206>は業績増額修正にもかかわらず大幅安となった。サンデンホールディングス<6444>、日医工<4541>などの下げも目立っていた。
 反面、トヨタ自動車<7203>が堅調、今期業績上方修正と増配を材料にニチアス<5393>が値上がり率トップに買われ、同様に利益増額を好感されブラザー工業<6448>も物色人気に。ブリヂストン<5108>、日東電工<6988>も堅調。アルテック<9972>が商いを伴い急伸、サンケン電気<6707>、GMOインターネット<9449>なども値を飛ばした。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、スズキ <7269> 、トヨタ <7203> 、TDK <6762> 、ダイキン <6367> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約24円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はKDDI <9433> 、ヤマハ <7951> 、ユニファミマ <8028> 、味の素 <2802> 、ファストリ <9983> 。押し下げ効果は約26円。

 東証33業種のうち上昇は17業種。上昇率の上位5業種は(1)海運業、(2)鉄鋼、(3)非鉄金属、(4)輸送用機器、(5)保険業。一方、下落率の上位5業種は(1)繊維製品、(2)医薬品、(3)鉱業、(4)倉庫運輸関連、(5)陸運業。

■個別材料株

△安川情報 <2354> [東証2]
 東証が信用規制解除。
△サイネックス <2376> [東証2]
 上期経常が73%増益で着地・7-9月期も2.4倍増益。
△GMOクラウ <3788>
 、今期経常を一転25%増益に上方修正、配当も5円増額。
△ニチアス <5393>
 今期経常を6%上方修正、配当も2円増額。
△ユニプレス <5949>
 上期営業は従来計画を43%上振れ着地。
△ブラザー <6448>
 今期税引き前を13%上方修正。
△コロムビア <6791>
 今期経常を一転16%増益に上方修正。
△島津 <7701>
 上期営業は5%増益で上振れ着地。
△クリナップ <7955>
 13.2%を上限に自社株TOBを実施。
△GMO <9449>
 1-9月期(3Q累計)経常が5%増益。


▲電子材料 <6855>
 今期経常を一転52%減益に下方修正
▲トランザク <7818>
 公募増資と売り出しを実施。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ニチアス <5393> 、(2)オプテックス <6914> 、(3)コロムビア <6791> 、(4)サンケン <6707> 、(5)アルテック <9972> 、(6)アニコムHD <8715> 、(7)タカタ <7312> 、(8)平河ヒューテ <5821> 、(9)島津 <7701> 、(10)GDO <3319> 。

 値下がり率上位10傑は(1)アドソル日進 <3837> 、(2)電子材料 <6855> 、(3)トランザク <7818> 、(4)HUG <3676> 、(5)OBARAG <6877> 、(6)日製鋼 <5631> 、(7)日新 <9066> 、(8)矢作建 <1870> 、(9)エフテック <7212> 、(10)クレスコ <4674> 。


【大引け】

 日経平均は前日比5.83円(0.03%)安の1万7171.38円。TOPIXは前日比0.69(0.05%)高の1363.49。出来高は概算で16億5971万株。値上がり銘柄数は805、値下がり銘柄数は1055となった。日経ジャスダック平均は2573.42円(3.24円安)。

[2016年11月8日]

株探ニュース

関連記事(外部サイト)