トヨタ自動車は燃料装置に不具合があったとしてプリウスなど7車種約155万台をリコール

記事まとめ

  • トヨタ自動車はプリウスなど7車種計155万2509台のリコールを届け出た
  • 燃料タンク上部に付いた部品の設計不良で、満タン時などにガソリンが漏れる恐れがある
  • 14年10月に同様の不具合で約18万9000台をリコールしていたが、対象範囲を拡大した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております