主演女優賞オリヴィア・コールマンに「No.1のオスカースピーチ」絶賛の声

主演女優賞オリヴィア・コールマンに「No.1のオスカースピーチ」絶賛の声

主演女優賞オリヴィア・コールマンに「No.1のオスカースピーチ」絶賛の声の画像


アカデミー賞の主演男優賞と女優賞は、先に行われたゴールデングローブ賞の結果から2択に絞られる。『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンはゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディー部門の主演女優賞に輝き、『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズがドラマ部門での主演女優賞を獲得していた。アカデミー賞のノミネートは初めてだったオリヴィアに対して、グレンは今回で7度目、まだ受賞していなかった。そのため「グレンが受賞するのでは」と予想されていたのである。

しかし発表された名前は、オリヴィア・コールマンだった。オリヴィアは名前を呼ばれると驚き、隣に座る夫と反対側に座っていた共演者のエマ・ストーンから?にキスされた。エマは「オーマイゴッド」と何度も連呼し、周りも驚いているのは明らかだった。オリヴィアはステージに上がると動揺し涙をこらえながら、このように語った。

「おー、本当にストレス感じちゃうわ。はは、大笑いよ。オスカーとっちゃった。たくさんの人に感謝しなきゃね。もし言い忘れちゃった人がいたらごめんなさい。あとで探しだして、特大のキスしてあげるから、許してちょうだい。ヨルゴス(・ランティモス)、私の最高の監督で、最高の作品よ。エマ(・ストーン)とレイチェル(・ワイズ)。世界のなかでこのうえなく素敵な2人。恋に落ちるのも、毎日仕事をするのもこの2人なら間違いないわ。(撮影が)大変じゃなかったことは想像できるわよね。それから、こんなに素晴らしい女性たちと同じカテゴリーにいることができるなんて。グレン・クローズ、あなたは長年私のアイドルでした。私だってこんな結果(自分の受賞)を望んでいませんでしたよ。あなたは素晴らしいです。本当に愛しています。みんな愛しています。ありがとう。」

「リンディ・キング、私のエージェント、20年以上前に私を受け入れてくれた。本当にありがとーう! それから、お母さん、お父さん…(言いたいことは)分かるでしょ。私の子供たち、家でテレビを見ているんだけど。まぁ、もし見てなかったら、それも良しってことにしておくわ。でも見てくれていることを願っているけど。こんなこと二度とないんだから。あと、テレビを見てスピーチの練習をしている女の子たち、何が起きるかなんて分からないわーよ! 私は昔、清掃員の仕事をしていたの。その仕事大好きだったわ。でも、この瞬間をかなり長い間夢見ていたわね。あ、スピーチを終わらせてくださいって? (舌でブーと鳴らす)」

「夫のエド、私のベストフレンドよ、とても愛してるわ。25年もあなたは私の最高のサポーターだった。彼泣いちゃうわね! 私は泣かないけど。ありがとう。Fox、みんな、キャストとクルー、ありがとう。あー、本当にありがとう。レディー・ガガ!」

オリヴィア・コールマンのスピーチに会場は笑いに包まれ、ネット上でも話題に。人々は「オリヴィア・コールマンのスピーチが作品賞受賞するべき」「これ以上オリヴィア・コールマンのこと好きになれると思っていなかった。アカデミー賞とって最も面白くて、正直なスピーチをしてくれた」「最も可愛らしいスピーチだった」「これまでで一番のオスカースピーチだった」と絶賛している。

全く受賞すると思っていなかったそのリアクションが、人々の心を掴んだもよう。愛されキャラクターを世界に見せることになったオリヴィア・コールマンは、今後さらに人気となりそうだ。
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)