Amazonのジェフ・ベゾスCEO、「裸の写真をバラ撒く」と脅迫受ける

米Amazonジェフ・ベゾスCEO、ゴシップ誌から脅迫? 発行元CEOはトランプ大統領の友人

記事まとめ

  • 米Amazonのジェフ・ベゾスCEOがゴシップ誌から脅迫されていると個人ブログで明かした
  • ベゾス氏が恋人に送ったメールなどをゴシップ誌"National Enquirer"は入手したという
  • ベゾス氏が目的を探ろうとすると発行元は"裸写真をバラ撒く"と調査中止を要求したとか

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、「裸の写真をバラ撒く」と脅迫受ける

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、「裸の写真をバラ撒く」と脅迫受ける

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、「裸の写真をバラ撒く」と脅迫受けるの画像

Amazonのジェフ・ベゾスCEO(55)が、ゴシップ誌「National Enquirer(以下NE誌)」の発行元であるAmerican Media Inc.(以下AMI)から脅迫されていると個人ブログで明かした。

「強要と脅迫に屈してしまうのではなく、個人的な犠牲を払い、恥をかくとしても、先方が言ってきたことを正確に公表することにした」と前置きし、事の顛末を綴っている。

NE誌は1月、ベゾス氏が妻と離婚を発表して間もなく、恋人のローレン・サンチェスさんとプライベートジェットで旅行していたことを報じた。記事内では、ベゾス氏がサンチェスさんに送ったメールや写真も編集部が入手したことを仄めかしていた。ベゾス氏はセキュリティ担当の責任者に、AMIがどのような方法でメールを入手したのか、そしてNE誌の目的を突き止めるよう依頼した。

これに勘付いたAMI側はベゾス氏に接触し、調査をやめるよう要求。やめない場合は、元妻との婚姻関係にあった時期に撮ったサンチェスさんのセクシーな写真や、氏の裸が写っている写真を公表すると脅してきたという。

AMIのデヴィッド・ペッカーCEOはトランプ大統領の長年の友人であり、熱烈な支持者として知られている。これまでペッカー氏が選挙不正や不倫問題など大統領に不利なネタを買い取ってもみ消す「キャッチ・アンド・キル」という手法で大統領を支えてきたことは公然の秘密だ。

対して、ベゾス氏は現政権に批判的な論調のワシントン・ポスト紙のオーナーである。大統領はことあるごとにTwitterでポスト紙及びベゾス氏を攻撃してきた。今回の問題は単なる女性スキャンダルという範疇を軽々と飛び越え、全米を巻き込んだ政治闘争に発展する可能性がある。

関連記事(外部サイト)