奥田瑛二と安藤サクラが親子共演!ディープインパクトと話題

奥田瑛二と安藤サクラが親子共演!ディープインパクトと話題

奥田瑛二と安藤サクラが親子共演!ディープインパクトと話題の画像

奥田瑛二(68)が朝の連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合)に出演すると2月7日に発表された。96年「ひまわり」と07年「どんど晴れ」といった朝ドラに出演している奥田だが、実の娘・安藤サクラ(32)のヒロイン作品に出演するのは初めてのことだ。

各メディアによると奥田が演じるのは、元食糧庁の長官で食品業界に大きな影響力を持つ衆議院議員の土井垣隆三役。安藤との絡みはなく登場シーンも少ないが、制作統括のチーフ・プロデューサーは「強烈な説得力とインパクトがほしいと思い、お願いした」と告白。奥田も今回の出演についてこうコメントしたという。

「まさか、まさか……『まんぷく』に呼ばれてビックリ! 演じてビックリ! 疲れた、笑った……僕の心はまんぷくだ!!」

奥田は3月上旬に登場する予定。Twitterでは、まさかの親子共演を喜ぶ声が上がっている。

《親子共演、凄過ぎる演出の遊びゴコロが好きだわ》
《間違いなくディープインパクトですよ!》
《なんだったら柄本家の皆様にも総出で!! 是非》

「安藤さんが小学校の学芸会で主役を射止めた際、奥田さんは演技指導をしたそうです。『学芸会みたいな芝居をしてるんじゃない!』と思わず叱ったともいいます(笑)。いっぽうで安藤さんが本格的に女優を志したころには、あえて手を差しのべませんでした。そうすることで、自発的に安藤さんは自らの道を切り拓いてきたのです。大女優となった娘との国民的ドラマでの共演は、奥田さんにとってさぞ意義深いものでしょう」(テレビ局関係者)

関連記事(外部サイト)